ライトダウンする夜は、みんなが地球を想う夜。

ライトダウンする夜は、みんなが地球を想う夜。

夏至と七夕の夜は電気を消して

環境にやさしい時間を過ごしませんか?

 

環境省の提唱で、今年も

6月21日(水)から7月7日(金)までの間、

「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を行います。

6月21日(夏至の日)と7月7日(クールアースデー)の

夜8時まら10時までの2時間は灯りを消して過ごしてみませんか?

 

東近江市さわやか環境づくり協議会では、

節電による二酸化炭素の排出量を削減することで

地球温暖化防止の呼びかけを行っています。

 

今年度も市民や市内の事業所やみなさんに、

ライトダウンキャンペーンの特別実施日である、

6月21日(夏至の日)と7月7日(クールアースデー)の

夜8時から10時までの2時間、一斉消灯を呼び掛けています。

 

東近江市の全世帯で100wの照明を2時間消すと、

およそ5tの二酸化炭素を削減することができるそうです。

東近江市役所も率先して、6月21日(水)と7月7日(金)の2日間は

夜の2時間、本庁舎街灯のライトダウンを実施するということです。

 

ライトダウンする夜は、みんなが地球を想う夜。

夏至と七夕の夜は電気を消して、

環境にやさしい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください