暑い夏にぴったり! 探検の殿堂で南極観測60年記念展開催中。

暑い夏にぴったり! 探検の殿堂で南極観測60年記念展開催中。

 

雪と氷に閉ざされた国

南極

 

日本から遠く離れたこの地に、人類が足を踏み入れてから60年

その1957年当時、技術部門のリーダーとして南極に赴き、

第1次越冬隊長として活躍したのが、

東近江市ゆかりのすごい人・西堀 榮三郎さんです。

 

西堀 榮三郎さんの偉業や日本の探険家などを紹介する

探検の殿堂では、この夏、

南極地域観測事業 第一次越冬60年記念展

「南極の技術60年の創造力」が開催されています。

 

西堀 榮三郎さんが記録していた「西堀個人日誌」の記述から

観測技術や設営技術、主に住・衣・食などをとりあげて、

60年で発展した南極ならではの技術と、それを支えてきた人を紹介。

 

当時の隊員たちの人柄や、現代に生かされている知恵、

60年の技術の発展などを、とても興味深く見ることができました。

 

無洗米やチューインガムなど南極で暮らすために考案されたのが原点で、

現代にも活かされている意外なものも知ることができます。

 

そのほか、南極・昭和基地の看板の前で記念撮影ができる「なりきりコーナー」や

ペンギンのペーパークラフトがつくれる「キッズコーナー」などもあります。

 

中でもイチオシは、「南極すごろく」

実際の隊員さんが監修したというだけあって、ちょっとマニアック 笑

会期中は関連イベントもありますので、ぜひご参加ください。

 

 

暑い季節にひんやり。

南極気分を味わえるかも♪

 

南極地域観測事業 第一次越冬60年記念展
南極の技術60年の創造力  技術屋は、実現の困難とたたかうためにいる!

【 会 期 】~9月10日(日)まで  ※月曜日 休館

【開館時間】9:30~17:00(入館16:30まで)

【入館料金】大人300円 小中学生 150円

https://e-omi-muse.com/pdf/1495508074_d01.pdf

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください