鈴鹿の山と暮らし、そして獣たち

鈴鹿の山と暮らし、そして獣たち

河辺いきものの森では、鈴鹿での昔の人の暮らしと現代の獣たちについて学ぶ企画「鈴鹿の山と暮らし、そして獣たち」を下記のとおり開催します。

午前の部は、「鈴鹿の山と暮らし」と題して、廃村となった茨川集落最後の住人と言われる筒井正さんに、集落での暮らしを山との関わりや人と獣との関係などの面からお話しいただきます。

午後の部は「東近江森の博覧会サテライト観察会」最終回の4回目として開催し、鈴鹿の山にすむほ乳類について、ほ乳類調査の専門家である千々岩哲さんを講師に招き、会場周辺で生き物たちの観察会を行います。

日時  :2月11日(祝)午前の部 10時30分〜12時15分     午後の部  13時15分〜15時30分

場所  : 道の駅 奥永源寺渓流の里  2階

定員  : 午前の部 50人       午後の部 30人  (ともに申し込み先着順)

料金  : 午前の部 無料      午後の部 100円

持ち物(午後の部のみ):防寒具、水筒、雨具、長靴

※電話にてお申し込みください。

※午前の部、午後の部どちらかのみの参加可能

※両方に参加希望者の人は、昼食を持参いただくか道の駅レストランをご利用ください。

申し込み・お問い合わせ先    河辺生き物の森(TEL:0748ー20ー5211)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください