ビールにピッタリ!能登川産黒枝豆「能登川黒ダイヤ」

ビールにピッタリ!能登川産黒枝豆「能登川黒ダイヤ」

 

暑い夏、キーンと冷えたビールで一杯☆最高ですね♪

おつまみは、やっぱり枝豆!

 

ビールがおいしいこの季節、相性抜群の枝豆も

いつもよりちょっとグレードアップしてみてはいかがでしょうか?

 

「能登川黒ダイヤ」

能登川産黒枝豆が、現在収穫の最盛期を迎えています。

 

この能登川産の黒枝豆は

JAグリーン近江能登川支店のミニ産地づくりの取り組みとして栽培がスタート。

そして枝豆のさや取り機&選別機も導入して作業の効率化を図り、

去年には公募でこの「能登川黒ダイヤ」という愛称が決まりました。

 

今年はオリジナル出荷袋も作成!

実は、この袋がすごいんです。

枝豆は新鮮さが大切。

 

作成された袋は鮮度が維持できる上、レンジでチンができる優れものなんです☆

今回、能登川黒ダイヤを栽培する10の農家さんのうちの1組、

中洲営農組合さんにおじゃましました!

 

6人のメンバーはほぼ同世代、定年後のセカンドライフとして

ブランド野菜の生産に取り組んでおられます。

 

栽培している作物の話や健康、年金の話などに花を咲かせながら

和気あいあいと作業されている姿が楽しそうでした♪

 

そんな生産者さんたちが取り組む能登川のブランド野菜

「能登川黒ダイヤ」は

通常の枝豆よりもぷっくりと実が大きく、甘みが強く味が濃いのが特徴です。

しかも今年はいい出来なんだそう。

 

中州営農組合のみなさんにおいしい食べ方をきくと、

全員がそろって「やっぱり塩茹でやな!」

ゆでるとホクホクとした食感に。

実が大きいので、通常よりゆで時間も長めの10分くらい。

 

中州営農組合の熊崎さんが

1袋(200グラム)の枝豆につき1リットルのお湯とお塩でゆがくといいと

おしえてくれはりました。

 

ちなみに担当のJAの澤さんのオススメは

「玉ねぎと黒枝豆だけのかき揚げ」だそうです。

こちらもシンプルながらおいしそうです♪

 

「能登川黒ダイヤ」は

JAの直売所「きてか~な」や安土フレンドマート内の「ええもん屋」をはじめ、

能登川のフレンドマートほか東近江市内と県内の平和堂一部店舗で

10月ごろまで販売されます。

 

まだまだ滋賀でしか手に入らない希少品です。

ビールの美味しい季節にぜひ「能登川黒ダイヤ」味わってみてください。

 

■能登川黒ダイヤ 袋入り200g 300円前後

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください